ラスベガスに来たら銃を撃たなきゃ

仕事でラスベガスに行った際、最終日がオフ日だったので、
せっかくならと思い、実銃射撃体験に行ってきた

一人で英語でのコミュニケーションも不安だったので心細かったが、
十分楽しめたのでここに残しておく。

場所は「BattleField Lasvegas」ベガスで一番人気の射撃場らしい。
ネットから簡単に予約できるのも魅力的

https://www.battlefieldvegas.com/

今回はswatのパッケージとかフリーハンビーピックアップをチョイス。

約束した時間に指定した待ち合わせ場所で待機。
タクシーやUberが入ってくる中、ものすごい轟音が聞こえてきた

New photo by ry la / Google Photos

ホテルに突然ハンビー登場
挨拶したら、運転席乗れよ!と言われる。そこで記念に写真を何枚か

New photo by ry la / Google Photos

戦地に赴く兵隊になった気分だ。途中で他のホテルから徴兵されたハンビーと合流したりする

 

射撃場に到着。
駐車場は展示エリアになっていて、アメリカ軍の戦車や、銭湯ヘリコプターなどが展示してある。
写真はOK、乗るのはNGなど基本的な説明を受けたら、そのまま射撃場へ入場。

射撃場の説明を簡単に受けた後、自由に行動できる

New photo by ry la / Google Photos
New photo by ry la / Google Photos

駐車場にある戦車 この規模をここまで近くで見れるのは日本ではないかも

 

駐車場を堪能したら、射撃場へと入る。
お土産ショップを適当に舐めたら、射撃場カウンターへ行こう。

事前に予約をしていた場合、スマホの画面を見せると手続きを開始してくれる。

クレジットカードとパスポートを見せたら、同意書にサイン。

手続きが終わった後にアラームを渡され、適当に待つように言われる。

 

待っているとアラームが鳴るので、奥のカウンターへ行くと、迷彩服を着たお兄さんが待っている。
シューティングは初めてか?と聞かれ、初めてというと説明が始まる。
早すぎて何言ってるかあまり聞き取れなかったが、勝手に銃に触るな、カートに触るな、怪しい動きをするなみたいなことを言っていた

耳栓と眼鏡を受け取って、さあ行け!みたいな感じで放り込まれる。
不安そうな顔をして一緒に行ってくれませんか??みたいな雰囲気を出していると一緒に行ってくれる。

射撃場へ入る前に耳栓と眼鏡を装備。銃声しか聞こえなくなる

New photo by ry la / Google Photos

射撃場はこんな感じ。
実際には傍観者がとても多い、見るだけならタダなのか?

指定したブースに行って、ターゲットの紙をセットしたらいきなり銃が運ばれてくる

New photo by ry la / Google Photos

よーしまずはこれ行ってみよう、みたいなノリで出てきたのはスナイパーライフル
一通り持ち方や打ち方を教えてくれる、そのまま持ち替えて打つ

反動がヤバい、焦る。反動にビビりすぎてリロードとかできない、てかそもそも銃を触ることが初めてなのでわからない
リロードの仕方も正しく教えてくれるし、最初はやってくれるのでそこは安心できた。

New photo by ry la / Google Photos

スナイパーライフルは5発、終わった後にターゲットを近くに持ってきてくれた。
思ったより中心でビビる、初めてなのにこれってもしかして俺スナイパーの素質あったのか

続けて何がいい?と聞かれる。swatのパッケージだと4種(スナイパーライフル、ハンドガン、アサルトライフル、ショットガン)があるので、ハンドガンをチョイス。

New video by ry la / Google Photos

持ち方の説明を受けて、撃ってみる。

慣れてきたのでお兄さんに写真撮って!とスマホを渡してみた。動画と写真合わせてたくさん撮ってくれた。
最初にスナイパーライフル撃った時言い損ねたのが惜しい

New video by ry la / Google Photos

アサルトライフル

New video by ry la / Google Photos

ショットガン

 

あっという間に4丁の射撃体験が終了。

最後にターゲットを引き寄せるとこんなになっていた

New photo by ry la / Google Photos

以上で射撃体験は終了。

ターゲットは持って帰る?と聞かれるのでぜひ記念に持って帰ろう。輪ゴムで縛ってくれる

New photo by ry la / Google Photos

これで全体の体験は終了。

 

最後に初めての実弾射撃から自分が感じた所感をまとめておく

【スナイパーライフル】
・反動ヤバイ
・重い
・スコープ精度いい
・音もヤバイ
・気合い入れて握らないと肩痛める
・スコープが精度良すぎるせいでターゲットから少し外れるだけで何も見えない
・めっちゃ当たる

【ハンドガン】
・反動なかなかヤバイ
・両手で脇しめないとふっとぶ
・連射とか無理
・片手持ちも無理
・空薬莢が飛んできて頭に当たる
・地味に当たる

【アサルトライフル】
・反動そんなでもない
・タタタタって空薬莢が出るのが気持ちいい
・すぐ打ち終わっちゃう
・半袖で打つと利き手の逆がススだらけになる
・火薬くさい
・1番当たらない

【ショットガン】
・反動鬼ヤバイ
・肩脱臼する
・薬莢でけえ
・撃った後に全身が痺れる
・もうなんか射撃どころじゃない
・当たってるとか当たってないとかの次元じゃない

【全体】
・撃った直後は当たったのか当たってないのかわからん
・音がすごい、全く聞こえない耳栓しててもうるさい
・床に落ちてる空薬莢がすごい
・利き手と逆の手が終わってもしびれっぱなし
・お兄さん優しく教えてくれる
・全体的に割と当たる
・ターゲットは記念に持ち帰れる、嬉しい

New photo by ry la / Google Photos

煤で汚れた左腕

New photo by ry la / Google Photos

散乱する空薬莢

 

感想

やっぱり「百聞は一見に如かず、百見は一体験に如かず」だな。何事もやってみないとわからない

英語コミュニケーション不安でもなんとかなったが、できた方が100倍楽しめる気がした

セキュリティはザル、おかしな人が銃乱射するようなリスクは普通にある

そういう意味でも非日常、日本ではまずできない体験なので一度くらい行ってみてはいかが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA